SMクラブは意識が高い

SMクラブは風俗店の中でも特殊です。まず、プレイサービスが専門的過ぎます。その中でも、サービスが2種類に別れます。SとMの2つです。利用する男性がSかMかということではなく、SMクラブ側にS嬢とM嬢が存在しているのです。しかし、各SMクラブ店舗ごとに在籍状況は違います。なぜならば、簡単に出来る業種ではないからです。そして、SMクラブは風俗特殊サービスの中でもトップの専門ジャンルです。利用者男性にも趣味思考の違いはあるにしても度合いは天と地ほどのさもあるでしょう。すると、中途半端な心構えではとても運営できるものではなく、勤める女性スタッフも変わり者くらいのセンスがなければ出来ないのです。SMクラブ店舗側も、面接に来る女性をじっくりと品定めしています。もちろんお給料は高い部類ですし、内容次第ではソープ以上の高級店舗並みに料金を取るケースも存在します。ですが「私はS(M)の素質があると思う。興味があったので応募してみた。」といった女性については採用をしません。求人で女性が来てくれるだけでも喉から手がでるほど嬉しい状況の風俗業界でも、働かせることが出来ない女性は採用する価値がないのです。そして、求人を募集するような広告を出さなくても、出来る女性は勝手に来るものなのです。逆に女性側もプライベートでSMを満喫するということではなく、仕事として保証されお給料が貰える環境で働く場を求めている一握りの業界のプロがいる訳です。そんな中でも、SとMに分かれるため、根っからのSM環境に順応できる女性でもない限り、M嬢で溢れかえるSMクラブが多いのです。そんな事情がある為、SMクラブ側から見る他の風俗業種は所詮は2流であり、イメージプレイとなるイメクラなどの業種にあるSMサービスなどは比べてはいけないほどチープなレベルといえます。本当のSMクラブともなれば、過激なAVのようなしっかりとしたプレイ以上のものがそこには存在しており、店舗運営も徹底されているのです。