回春エステは衰退する

風俗エステ業界の中で回春マッサージ関係のお店は生き残れない可能性が高いです。業界的にはエステ系という枠組みになると思うが、実際に『風俗エステ』でウェブ検索をする男性はいない。ではどのような言葉が回春エステ系ジャンルにはマッチしているのだろうか?風俗のエステ店の場合は、「メンズエステ」「風俗エステ」「回春」「マッサージ」という言葉が該当する。これにぶつかってしまう言葉は「性感」「アロマ」「オイル」等となってきます。もう既にご理解いただいたかと思いますが、これだけの言葉が使われてしまうとなると、複合の組み合わせでは、50通り以上の言葉のフレーズが存在してしまうわkです。これでは、ウェブサイト検索で目立つことが難しくなります。全ての言葉をサイト名に含めることが出来ればよいでしょうが「性感回春メンズエステ アロマオイルマッサージ風俗」なんて誰が使いたいと思うでしょうか?この時点で、何がメインとなるお店なのか意味が分かりません。こういう問題を真面目に考えて運営をしている店舗はほぼ存在していないでしょう。ここで問題になるのが、もしも「性感」「風俗」という言葉を取り除いた場合には、「回春メンズエステ アロマオイルマッサージ」となるわけですが、風俗業界的な言葉は回春だけになるので、一般のノンアダルトジャンルのサイトと競合することになるのです。これの意味がお分かりいただけますでしょうか?ノンアダルトなジャンルの言葉ともなると検索者の量は2倍以上になりますが、目立つことも同じだけ難しくなります。さらに、風俗を求めていない検索者にはスルーされるでしょう。つまり、結果的に含めなければいけない風俗の言葉は必要ですが、一般的な言葉を無理して使う必要は一切ないのです。そうなると、『性感マッサージ 回春エステ風俗』で十分となるわけですが、なんとも残念なことに絞り込むことで競合サイトが8倍になります。要するに、ザックリとした言葉だけでは流入を増やせないが、言葉を加えるとパタリと流入も減るのです。これで、店舗ヘルス・ソープ・デリヘルに割ってはいること自体が無謀であるといえるでしょう。日の目を見ないニッチで小規模な言葉だけで風俗店を続けるならば、近いうちにこれら回春エステの業界は必ず衰退するでしょう。